×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

増血症とは


ヤフー知恵袋に下記のような質問がありました。
同じ疑問を持っている人もいるかもしれませんので
当ページでも紹介したいと思います。

ちなみに回答者は医師か医療関係者と思われかなり
参考になると思います。


以下引用文

健康診断で増血症の疑いと診断され、再検査の通知を受けました。
増血症とはどんな病気ですか?ネットで調べても出てきません。
どんな治療方法を行うのでしょうか、心配なので教えてください。

ベストアンサーに選ばれた回答

「多血症(赤血球増多症)」のことかと思います。
血液検査で、赤血球数やヘモグロビンの量が標準値より多くなると、
多血症が疑われます。

ですが、特に不都合
(頭痛、皮膚のかゆみ、視力障害、顔面充血、結膜充血、脾臓の腫れ等)
がなければ、

再検査と言われた人の多くは、体質的なもので、心配ないようです。

治療が必要になる「真性多血症」では、血液の粘り気が増し、
血栓ができやすくなることがあります。

その場合は、瀉血・化学療法・放射線療法があります。

引用元
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q108165980

多血症のことを増血症とも呼ぶようですね。

特に症状が出なければそれほど心配する必要はないようです。

それでも多血症と診断されたなら定期的に検診して
赤血球数の傾向を見ておいたほうがいいでしょうね。

デメカル血液検査キット

←多血症とはのトップに戻る | ↑このページの一番上へ

サイトマップ&検索

多血症とはのサイトマップ

多血症とはのサイトマップです。記事一覧を表示しています。


リンク集


カテゴリー


当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーとなっております。
相互リンクも受け付けております。
相互リンク申込みは下記よりお気軽にどうぞ

多血症とはのサイト管理者へメールを送る

相互リンクのリンクは下記をお使い下さい。



多血症に関する物を楽天で検索してみる

最近の記事