×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

真性多血症とは

多血症のなかでも深刻といわれる
真性多血症について解説します。

真性多血症の定義・概念

症状などは一緒だが二次性のものとは違い
原因が不明の赤血球増加症で、赤血球造血が
正常の制御を受けず、自律的に増殖してしまう状態。

慢性骨髄増殖症候群が原因ともいわれている。
赤血球だけでなく、他の血液成分である
白血球や血小板なども増えてしまうが

その中でも、特に赤血球系の増殖が顕著に現れます。

主に中年代の人に多く、男性が女性の1.5〜2倍の発症率とされています。



症状としては赤血球の増加することにより、
血液の粘稠度が増すために、中枢神経系の循環障害による症状が見られます。
(頭痛・めまい・顔のほてり・のぼせ感・耳鳴りなど)

不要な赤血球をこわす働きをする脾臓にも負担をかけます。
過負荷により脾臓が炎症をおこすこともあるようです。
また、
入浴後に全身のかゆみや高血圧が出るケースもあります。

さらに、頬・鼻・くちびるなどの皮膚が赤く染まり、粘膜は充血します。

赤血球が増えすぎた血液は血管に詰まりやすくなり、
血栓が出来て血液循環がとまってしまうこともあります。
特に脳梗塞や心筋梗塞などが発症した時は生命に係わります。

また、皮下出血、消化管出血、脳出血などが起こる事もあり、
これらの症状も軽視できません。



治療する時には瀉血(血液を抜いて捨てること)と化学療法(骨髄抑制剤)を組み合わせて赤血球数をコントロールします。

基本的には上記のような方法で赤血球の数をコントロールしつつ
様子を見るという感じになるようです。

また、血栓防止のために少量のアスピリン
(成人で1日100mg程度)を服用することもあるそうです。


←多血症とはのトップに戻る | ↑このページの一番上へ

サイトマップ&検索

多血症とはのサイトマップ

多血症とはのサイトマップです。記事一覧を表示しています。


リンク集


カテゴリー


当サイトへのリンクについて

当サイトはリンクフリーとなっております。
相互リンクも受け付けております。
相互リンク申込みは下記よりお気軽にどうぞ

多血症とはのサイト管理者へメールを送る

相互リンクのリンクは下記をお使い下さい。



多血症に関する物を楽天で検索してみる

最近の記事